女性が自身で避妊

避妊を忘れて失敗した女性

優秀な避妊具として、妊娠を目的としない性行為の際によく使用されているのがコンドームです。
コンビニや薬局などの身近な店舗でも簡単に購入できるうえ、その避妊率は非常に高いです。
利用方法も男性器にかぶせるように着用するだけと非常に簡単なため、コンドームの使用率はかなり高くなっています。
ですが、そんなコンドームにも不安要素はあります。
使用最中にもし破れてしまったり、付け方が甘くて外れてしまった場合、当然避妊具としての役割は果たせず、膣内に精液が漏れてしまえば妊娠する危険性が急激に高まってしまうのです。
そこで、より確実な避妊を目的として利用者が増えているのが避妊薬である「ピル」なのです。

ピルはコンドームと違い、女性が使用するモノです。
また、内服薬となっているため、飲んでしまえば避妊に失敗することはほとんどありません。
女性の意思だけで避妊ができるうえ、その成功率も非常に高いことから利用者が増えているのです。

ピルは産婦人科などから処方してもらうことができます。
しかし、ピルにも種類があり、「低用量ピル」と「アフターピル」があります。
どちらも避妊を目的とした薬なのは同じですが、その目的や用法用量はまったく違います。
女性が自分自身でカラダを守るための薬として心強いピルですが、その扱いを間違ってしまうと正しく効果を発揮してくれません。
そうなるといくら避妊率が高いとは言っても、失敗する可能性が急激に高まってしまいます。
ピルを使用する場合は、低用量ピルとアフターピルの区別をしっかりしておきましょう。

ピルについて学ぼう

読書の合間にピルを飲む女性

ピルは避妊薬として有名ですが、実は生理不順や便秘、肌荒れなどの改善にも効果的です。卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含んでいるため、女性のホルモンバランスを強制的に変化させ、これらの効果を発揮させるのです。

低用量ピルの服用方法

妊娠はしないはずだったのにと後悔する女

低用量ピルは毎日服用することで高い避妊効果を発揮する避妊薬です。28日を1つの服用サイクルとしていますので、毎日正しく服用していきましょう。正しく服用さえすればほぼ確実に妊娠を防いでくれますよ。

緊急時に女性を救うピル

水をくむ女性

アフターピルは別名を緊急避妊薬と言い、性行為の服用でもしっかり避妊してくれます。もちろん避妊効果は高いのですが、副作用が起こる可能性も高くなっていますので、絶対に緊急時のみの服用に留めておきましょう。