低用量ピルの服用方法 | 低用量ピルとアフターピルの使い分け/状況に合ったピルを選択しよう

低用量ピルの服用方法

妊娠はしないはずだったのにと後悔する女

まずは低用量ピルについて紹介していきましょう。
一般的に避妊を目的として使用されるのはこちらになります。

低用量ピルにも先ほど紹介した卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、強制的に妊娠時と同じ状態にしてくれます。
そのため、体はすでに妊娠していると認識し、排卵を抑制してくれるのです。
排卵していなければ受精することもないため、必然的に妊娠を防ぐことにもなるのです。
また、低用量ピルを服用したとしても、当然一生妊娠した状態を保ち続けるわけではありません。
服用をやめてから3週間ほどすれば体内のホルモンバランスは通常時に戻るため、妊娠できる状態に戻りますので安心してください。

低用量ピルを正しく服用していれば、ほぼ確実に避妊できると言われています。
しかし、逆に言えば、誤った服用をしてしまうと避妊効果が正しく発動せず、妊娠してしまう危険性があるということなのです。
では、低用量ピルはどのように服用すればいいのでしょうか。

低用量ピルを服用する場合は生理の周期に合わせての服用となるため、生理が始まってからの服用となります。
28日の服用期間を1サイクルとし、そのうち実際の服用期間は最初の21日間、そして残りの7日間は休薬期間となります。
低用量ピルに21錠入りと28錠入りがあるのはこのためで、28錠入りには7錠の偽薬が含まれています。
休薬期間も服用するクセをつけることで、飲み忘れによるリスクを減らすことができますよ。

低用量ピルの服用を始めてから1週間ほどで避妊効果は出ると言われていますが、最初のうちは念のためコンドームを着用しながらの性行為をオススメします。